エンジニアのための転職講座

近年、関心を集めるフリーランスという働き方とは

カテゴリ一覧

転職ではなくフリーランスという選択肢

会社勤めのメリットは安定した収入と手厚い福利厚生でしょう。しかし実力が収入に直結しているわけではないため、自分の実力と収入が見合わないと感じている人もいるのではないでしょうか。そういう人は転職するのではなく、フリーランスとして働くというのも1つの手です。フリーランスは実力がそのまま収入となるため、高い実力を持っていたりクライアントに恵まれていたりすると年収1000万円を超えることもあります。もちろんメリットばかりではありませんが、きちんと対策を取ればデメリットも解消出来るでしょう。

転職ではなくフリーランスという選択肢

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリットは働く時間や場所など、自由度が高いということでしょう。プライベートとの両立もしやすく、ワークライフバランスが叫ばれる近年において関心を集めている働き方です。しかしフリーランスにはメリットだけでなくデメリットも存在していることを理解しておく必要があります。その1つが案件を獲得出来なければ収入も得られないということです。常に仕事があるとは限らないため、仕事が得られなかった時に備えて貯蓄しておいた方がよいでしょう。しかしその一方で、フリーランスとして多くの案件に携われるようになれば年収1000万円以上も夢ではありません。フリーランスとして成功したいのであれば、クライアントと信頼関係を築くことが大切です。それにより定期的に案件を得られ、生活を安定させることも出来るはずです。クライアントに新しいクライアントを紹介してもらうことも出来るかもしれません。そしてその紹介してもらったクライアントとも信頼関係を築き、また新しくクライアントを紹介してもらうのです。このようにして徐々に案件を増やしていきましょう。

不安や悩みを解消したいならエージェントの利用

営業をはじめ、全てを1人で行わなければならないこともフリーランスのデメリットです。それにより孤独感がつきまといますし、仕事の不安や悩みを相談出来る相手も身近には中々いないでしょう。特に初めてフリーランスで働く際には期待だけでなく不安もいっぱいあるはずです。それを打開する方法として、エージェントの利用があります。フリーランスやIT業界に詳しいプロに相談することで、不安や悩みを解消出来る可能性はぐんと上がります。それに加え仕事が途切れる心配も少ないでしょう。エンジニア向けのエージェントはいくつかありますが、フォロー体制がしっかりしているエージェントとしてはレバテックフリーランスが挙げられます。

年間3000回もの開発現場ヒアリングを行う専門家集団があなたをサポートします。

引用:レバテックフリーランス
レバテックフリーランス
企業との顔合わせの際には事前説明やアドバイスだけでなく当日も同席。契約書作成のサポートも行われています。また参画中も電話やメール、対面などによる専任のフォロワーとの定期的なヒアリングがあり、参画中の悩みや不安も相談しやすいでしょう。

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.