エンジニアのための転職講座

エンジニア転職のためのキャリアカウンセリング活用法

カテゴリ一覧

キャリアカウンセリングを活用し転職成功

特にIT分野は比較的若い業界ということもあり、またエンジニアに求められるものが社内であっても社外であっても共通する部分が少なくないという事情もあり、かつ昨今の人材不足も解消されていないため、転職市場が活況を呈しているのが特徴です。しかしいざ転職をしようと求人企業に挑んでも、書類選考とわずかな時間の面接だけで自分をアピールするというのは難しいものです。まして自分が希望する転職がどういうものなのかを、じっくりと考えるためのキャリアカウンセリングの重要性に気が付いていない場合もあるのです。

キャリアカウンセリングを活用し転職成功

「なんとなく」を明確に

バブル景気の崩壊後、世の中の安心が吹き飛んでしまったかのように、不安な時代が続いています。その中で自分自身のキャリアに自信をもって将来を見通すことが出来る人は、そう多くはないでしょう。まして若い世代であれば、一度入社した会社に定年まで勤め続けるということは、望み薄だと分かっています。その一方でITエンジニアには「35歳定年説」が囁かれます。これは転職可能なギリギリの年齢として、他の業種にも共通する面がありますが、転職するチャンスが狭まるという漠然とした不安に駆られることも事実です。そのため「なんとなく」「条件さえよければ」転職をしようかと情報を集める人も増えています。それはあるいは現状が恵まれているのだということを、自分自身に言い聞かせるための儀式なのかもしれません。しかしまた一方では新しいキャリアを切り開いたり、自分でもこれまで気付かなかった、本当に希望する地位に就くための最後のチャンスになるかもしれません。そこで転職に興味を惹かれるのであれば、一度しっかりとその真意を掘り下げてみるとよいでしょう。転職エージェントの中には、キャリアカウンセリングを積極的に取り入れて転職を成功させている例もあります。

段取り八分

そして仮に今の勤め先に留まり続けることが本意ではなく、転職先を本気で探そうという気になったのであれば、キャリアカウンセリングで洗い出した自分自身の希望と実力と可能性を武器に、転職先企業としての候補を絞り込みます。それまで同じ会社で順調にキャリアアップしてきたのであれば、最初の就職面接時の記憶を蘇らせてもあまり役には立たないかもしれません。新卒採用時というものは、企業側も一から育てる覚悟の上で採用を決めているため、やる気や根性などといった、実務とは直接関係のない規準で判断するものです。しかし転職となれば、最初から管理職としての採用ではなくても、これまでの実務経験や現場での対応力を実績を上げて示した上で、新しい環境でどのように活躍出来るのかといった、ある種のプレゼンを求められるのです。もちろんその辺りを弁えて、転職を成功に導く手立てを練ることは可能です。

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.