エンジニアのための転職講座

必見!エンジニアのための転職成功術を紹介します

カテゴリ一覧

side

side

各テーマ一覧

転職先を探すときの意外な落とし穴エンジニアとしてIT業界での転職を考えるのであれば、まず今の自分の勤め先における条件が基準になるため、収入や休日や業務内容や企業規模などといった、客観的な条件を洗い出してみましょう。そしてそれらの中で優先順位を付けて、自分にとって譲れない点と、それほどこだわらない点とを区別します。もちろん転職先として希望する企業側にも事情があるのであり、中途採用であれば即戦力を期待されるのは当然と考えなければなりません。そこで自らのキャリアと期待される業務や役割をすり合わせるためにも、相手企業を研究する必要があります。

転職先を探すときの意外な落とし穴

エンジニアとしてのプロ意識エンジニアがプロとして仕事をする以上、納期や予算など様々な制約がある中でも、最高のものを完成させる必要があります。しかし現実には言い訳ばかりが上手くなって、自分の仕事を誇りに思うことが出来なくなることもあるでしょう。そのような時こそ目の前の仕事を疎かにすることなく、「もっと良く出来ないか」と更に一歩前進する気概が大切です。IT分野においては早くから技術や知識を公開してきたお蔭で、結果として瞬く間に高度なレベルにまで発展することも少なくありません。そのような恩恵の上に自らのキャリアを築いていることを忘れずに、自らも人や社会の役に立つことが出来れば、自信も深まり遣り甲斐も感じられることでしょう。

エンジニアとしてのプロ意識

転職成功の秘訣はキャリアカウンセリング回数が増えると転職は成功しにくくなり、それは比較的求人の多いIT業界も同様です。そのためエンジニアも数を重ねないようにする必要があります。転職を成功させるには自分を知ることが大切です。そこでキャリアカウンセリングの利用をおすすめします。何故ならそれを利用することで自分に最適な仕事を見つけられたり、自分の潜在スキルがわかったりするからです。またキャリアプランの作成の際にも力になってくれるでしょう。

転職成功の秘訣はキャリアカウンセリング

自分を客観視できるかがポイント!自分を客観視したことはありますか?「したことがある」という人でも、本当に客観的にみれているかどうか自信がない人もいるでしょう。逆に自信満々で「自分は客観視できている」と思っている人でも、第三者から見ると見当違いなこともよくあります。転職ではこの「客観的な視点」を持っているかはチェックされる項目。このスキルが高いと、仕事を円滑に進めやすくなる上、周りの人とのトラブルも防ぎやすくなるからです。主観と客観の違いと自分を客観的にみる方法を転職活動中にきちんと身につけておきましょう。転職活動が難航している…というエンジニアの方に、必要となるでしょう。

自分を客観視できるかがポイント!

人脈形成と情報収集のコツエンジニアとして今よりもっと良い環境で働きたいと願う人は多くいます。そんな方の転職を成功させるカギは「人脈形成」。近年は社員の紹介や推薦による採用「リファラル採用」が増えてきているのが現状です。人脈がなくても転職はできますが、自分にとって有益な人物との交流を持つことで可能性を広げ、人脈づくりについて、なぜ大切なのか、信頼を構築するにはどのようにすれば良いのか、人脈形成に必要な「情報収集」が転職成功のポイントとなるでしょう。

人脈形成と情報収集のコツ

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.