エンジニアのための転職講座

ご存知ですか?エンジニアに求められるコミュニケーションスキル

カテゴリ一覧

求められるコミュニケーションスキル

エンジニアが仕事をする上でコミュニケーションスキルは欠かせないものだといえるでしょう。クライアントとのヒアリングやチームメンバーとの話し合いなど、エンジニアがコミュニケーションを取らなければならない機会は確実に生まれます。しかしこのコミュニケーションにおいて、会話で場を和ませたり相手の緊張を解したりといった社交性はさほど重要ではありません。それではエンジニアに必要なコミュニケーションスキルとは一体何なのか、このページで紹介します。

求められるコミュニケーションスキル

エンジニアに求められるコミュニケーションスキルとは

クライアントから依頼を受けシステムを開発する場合、まずはどのようなシステムを求めているのかクライアントと話をする必要があります。この業務を主に担当するのはシステムエンジニアです。しかしこの業務に関わらない他のエンジニアも、作業の確認や問題の解決などでチームメンバーとコミュニケーションを取る必要があります。このように、エンジニアにはコミュニケーションスキルが求められるのです。しかしここで求められるコミュニケーションスキルとは、天気や時事などの話で相手の緊張をほぐしたり、場の空気を和ませたりといった社交性ではありません。

つまり私の場合、コミュニケーション能力はあっても、社交性は低いと言って良いんじゃないかと思います。しかし、それでも十分、仕事は出来るんです。エンジニアだって一緒だと思います。

引用:株式会社ソニックガーデン
株式会社ソニックガーデン
上記は株式会社ソニックガーデンの代表取締役社長の言葉です。この言葉でわかるように社交性はさほど重要ではありません。重要なのは、相手の話を聞き核心を把握する聴く力と相手が理解出来るように伝える話す力です。つまり、クライアントの要望を的確に理解することが出来たり、相手にわかりやすく手短に要件を伝えることが出来たりということが重要になります。

まとまりのある話をする方法

自分が話し手であった時、うまく話をまとめられず相手を困惑させてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。このようにまとまりがない話をしてしまう原因の1つとして、話さなければという気持ちだけが先行してしまい、話の着地点が見えないまま話し始めてしまうことが挙げられます。気が急いていると聞き手のことを考えられなくなり、伝わりにくい話になってしまいがちです。プライベートならそれでも構わないかもしれませんが、ビジネスではあまり褒められたことではありません。話し始める前に気持ちを落ち着け要点を整理し、それを簡潔に伝えるようにしましょう。また、相手に自分の言いたいことが伝わっているかこまめに確認を取ることも大切です。たとえ相手が頷いていても、本当に理解しているとは限らないのです。これらの点を踏まえれば、まとまりのある話をすることが出来るでしょう。

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.