エンジニアのための転職講座

キャリアアップ転職を検討中のエンジニアは知っておきたい、仕事探しの落とし穴とは

カテゴリ一覧

転職先を探すときの意外な落とし穴

新卒での入社試験では、企業側も一から育てるつもりであるため、やる気や熱意を伝えることぐらいしか出来ません。しかし転職となると、大抵は即戦力を期待されます。その代り転職希望者側も、自らの希望を叶えてくれる企業を求めて、様々な情報を集めることでしょう。しかし往々にしてこれまで恵まれてきた処遇は当然のものと考えてしまい、うっかりすると転職希望先を選び間違える危険もあるのです。

転職先を探すときの意外な落とし穴

今の職場の処遇が基準

まず第一に、転職を希望する理由をはっきりさせましょう。今の処遇に不満があるのであっても、またどうしても自分がこの先やりたいことがあるのであっても、今の処遇が基準になります。そのため今の処遇が具体的にどのようなものなのかを、紙に一つ一つ書き出してみると良いでしょう。給与や休日、就業場所や就業形態、通勤時間、業務内容、職場環境、従業員数、企業規模、組織系統、福利厚生などです。そして今のままでは不満があって、転職によって勝ち取りたいと考えているものが何であるのか、を書き足します。その上で自分にとって何が最優先であり、何が二の次でも良いのかを検討します。もちろん転職を考えるということはよくよくのことでしょうから、すでに視野が狭くなっている可能性があります。そのような状態では、ともすれば今の自分がどれほど恵まれた環境を与えられているのか、という点を過小評価してしまい、幸福の青い鳥を探して宛てもなくさ迷う羽目になるかもしれません。あるいは少し見方を変えるだけで、今の職場でも十分解決可能な課題なのかもしれないのです。

転職先に求めるもの

一方の転職先企業にも、転職者を受け入れる事情があります。業績好調なために人手不足に陥っているのかもしれませんし、長く勤めていた人が突然辞めたのかもしれませんし、もしかしたら次々と人が辞めてしまうブラック企業かもしれません。求人企業といえども、限られた予算と人員で激しい競争に打ち勝ちながら、利益を上げて社員を雇用し続けているのであり、従って中途採用者に求めるものは、自ずと高いレベルになりがちです。特にIT業界のように変化の激しい分野で生き残るためには、他人に一歩先んじることが出来るかどうかが、勝負の分かれ目になります。現在の勤め先の不満を並べ立てたり、転職先にバラ色の未来を夢見る前に、自分自身の実力を客観的に評価する目が必要です。そして転職先に希望する企業をある程度絞り込むことが出来れば、その企業についてインターネットや業界紙などを通じて研究することです。その上で自分自身が現場でどのような形で活躍することが出来るのかを、相手企業に提案出来るように、自分のキャリアを掘り下げて擦り合わせる必要があるでしょう。

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.