エンジニアのための転職講座

エンジニア転職を成功させるために、面接で言ってはいけないこととは

カテゴリ一覧

面接NGワードとは

エンジニアが転職を希望するに至った理由は、人それぞれです。しかし相手側の求人企業にとっても、人材を中途採用で募集する事情はそれぞれであり、お互いの希望の擦り合わせが成功すれば、晴れて転職出来ることになるのです。そのため面接の場において、自己アピールすることは大切なのですが、相手の立場を考えない独りよがりな態度は、往々にして残念な結果を招きかねないので、注意が必要です。

面接NGワードとは

真意は見抜かれる

求人企業としても、担当者や経営者が忙しい業務の合間を縫って、書類選考や面接など、新たな人材確保のために時間を割くのは大変な負担です。そのため面接官は、何をどのように聞けば相手のどのような面が分かるのか、といった基準をある程度持った上で臨んでいるものです。一方の転職希望者といえば、ともすれば自分が話すことに一生懸命になってしまい、事前の面接対策においても、ついつい自分の話したいことだけを話すようなシナリオを思い描きがちです。そこで例えば面接官から質問があっても、それには答えず自分の話したい話に持ち込んでしまうという態度に出れば、面接官はコミュニケーション能力が低いものと判断してしまうかもしれません。志望動機を尋ねられて、一生懸命考えてきたセリフを繰り返したとしても、それが具体性のない漠然とした言葉の羅列であれば、面接官としては口先だけと考えてしまうものなのです。更に面接官とのやり取りというのは、それがそのままクライアントとのやり取りにおける態度として判断されてしまうという点を、よく覚えておく必要があります。面接官に自分という商品を売り込んで、その魅力を知ってもらい、納得して選んでもらうという視点に立てば、自己アピールの仕方が変わるかもしれません。

ギブアンドテイク

また企業は学校ではありません。たとえ未経験の業務を希望する場合であっても、企業が採用すればすなわち即戦力として期待するのであり、その対価である給料を支払うのです。そのため転職希望者において、学ぼうという謙虚な姿勢は大切ですが、学校のように教えてもらおうという期待を前面に押し出すような表現は、誤解されてしまいます。また給与や残業や休日などの待遇や福利厚生、あるいは就業場所を、転職の条件として重視するのはよいのですが、自らの権利の主張や確認ばかりを繰り返すあまり、働く意欲が感じられないと面接官に判断されるようでは、結果を推して知るべしです。また自信を持ってアピール出来る数々の実績があるという場合であっても、エスカレートすればただの自慢になってしまったり、根拠もなく偉そうに見えたりすれば、面接官の目には不遜な態度に映ってしまい、損であるのは言うまでもありません。

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.