エンジニアのための転職講座

必見!エンジニアのための転職成功術を紹介します

カテゴリ一覧

エンジニアの転職で気を付けること

エンジニアの転職で気を付けること

スマートフォンの普及など様々な要因によってIT系開発案件は多様化し、案件数自体も増加傾向にあります。そんな中、ますますITエンジニアは不足しているため、エンジニアから見れば求人事情は完全に売り手市場といえます。にも関わらず、転職に失敗するエンジニアは後を絶ちません。就職や転職に失敗はつきものですが、事前の準備不足による失敗例が多いのは残念なことです。エンジニアの転職を成功させてキャリアアップにつなげるために、注意したいポイントを紹介します。

各テーマ一覧

転職は応募先企業の見極めが重要転職を決意したならば、闇雲に応募先を探したり、イメージに囚われてよく知りもしない企業に入って後悔しないよう、客観的に転職先企業を研究する必要があるでしょう。今は情報が溢れている時代であり、企業もホームページなどで積極的に情報を公開しています。その中から例えば財務書類を見ることが出来るようであれば、営業収益の推移を見ることです。また借入金が不相応に大きくないかも、同時に確認する必要があります。そして経営者の事業に望む姿勢や組織運営についても、面接の場で質問してみましょう。また将来を見据えた新商品や新規開発についても同様です。

転職は応募先企業の見極めが重要

転職先を探すときの意外な落とし穴エンジニアとしてIT業界での転職を考えるのであれば、まず今の自分の勤め先における条件が基準になるため、収入や休日や業務内容や企業規模などといった、客観的な条件を洗い出してみましょう。そしてそれらの中で優先順位を付けて、自分にとって譲れない点と、それほどこだわらない点とを区別します。もちろん転職先として希望する企業側にも事情があるのであり、中途採用であれば即戦力を期待されるのは当然と考えなければなりません。そこで自らのキャリアと期待される業務や役割をすり合わせるためにも、相手企業を研究する必要があります。

転職先を探すときの意外な落とし穴

業務外の取り組みをアピールエンジニアとして転職を決意した場合、職務経歴書には、まず自分のこれまでの勤務実績を基に、具体的なエピソードも交えながら、経験した業務内容を一つ一つ分かりやすく記載します。そしてそれだけではなく、業務外に何をしてきたのかという点も大切です。それはエンジニアとして、日々どのような勉強や研究を積み重ねてきたのかという点をアピールするものであり、例えばWebサイトを自ら立ち上げたとか、ブログを継続しているとか、あるいはソースコードを公開しているとか、またソーシャルメディアを利用しているとかといった具合です。

業務外の取り組みをアピール

面接NGワードとは転職において面接の場は、直接自分の口から転職希望先の担当者に、自分をアピールすることが出来る大切なチャンスです。面接における話の内容や態度によって、採用不採用が分かれてしまうため、客観的に自分を点検することが必要です。例えば志望動機を聞かれても、いかにもありがちな漠然としたことしか答えられなければ、口先だけと見なされます。また給与や残業など処遇面ばかりを気にしていると受け取られれば、仕事は二の次と判断されます。そして自己アピールも度を越して不遜な態度に移れば、面接官にとっては不快なだけなのです。

面接NGワードとは

Copyright © 2015 エンジニアのための転職講座 All Rights Reserved.